apeskin&ロケットスキン配布

apeskin使用方法

  1. apeskin使用方法

00:First

むちゃくちゃ簡易説明・最低限の設定ですので、
詳しくは2apes.comさまのOnline Manualをお読み下さい。

01:最低限必要なもの

・CGIが使えるサーバー
・2apes.comのapeboard+
・apeskin
・メモ帳やテキストエディタ
・解凍ソフト

02:最低限必要な初期設定 (設定が済んでいる方は↓にどうぞ)

2apes.comからDLしたapeboard+を解凍ソフトで開き

apeboard.dat
のapeboard部分を適当なものに変更してください。

apeboard_plus.cgiapeboardp_mt.cgi
1行目
#! /usr/local/bin/perl
をご自分のサーバーのものに変更してください。

boardini.cgi 
---------管理者関係の設定---------
# 管理者のメールアドレス
# ホームページの URL
# 管理者ページ用クッキーの名前
# ホームページへの戻り URL
をご自分のものに変更してください。
 ※ここでメールアドレスを設定しないとメールフォームSKINでメールが届きません。

# 管理者の名前
# メール送信時の件名
も必要であれば適宜変更して下さい。

---------ファイル関連の設定---------
# データファイルの場所の指定
を一番最初に変えた名前に変更してください
たとえば apeborad.datから abcde.datに変えたとしたら
$datafile= 'abcde.dat';にします。

---------書き込みをメールで送信する際の設定---------
# 書き込みを管理者宛にメールで送る
# sendmailのパス
を設定してください。

その他、SPAMの設定・アクセス規制・他のサイトからの書き込み禁止の設定などもありますが、そのあたりはご自身の判断で設定してください。
(設定しなくても動きます)

03:SPAM対応の設定 (設定が済んでいる方は↓にどうぞ)

apeboard_plus.cgi
apeboardp_mt.cgi
の名称を書き換えるとSPAMに有効です。
2apes.comさまのManual セキュリティを意識して設定をやり直す をご覧下さい。
(設定しなくても動きます)

04:apeskinの設定

apeskinを解凍し、READMEをさくっと見て、変更が必要な箇所を変更してください。
その後、apeboard+用のフォルダにDLしたスキンを上書きするか
DLしたスキンの中に
apeboard_plus.cgi
apeboardp_mt.cgi
boardini.cgi
jcode.pl
xxx.dat(名前を変更したログファイル)
をいれちゃってください。

万が一失敗したときや、「やっぱり前のスキンがいい!」となった時のことを考えたら、後者の方がいいと思います。

05:SPAM対応の設定 (設定が済んでいる方は↓にどうぞ)

..cgi .dat .htmlはアスキーモードで
パーミッションは
.cgi→755 jcode.pl→705 xxx.dat→666 他→644
サーバーによってはこれではダメなこともあるので、そのあたりは調べてみて下さい

06:動作確認

apeboard_plus.cgiapeboardp_mt.cgiにアクセスしてパスワードの設定をしてください。

通常はパス設定が済めば、apeboard_plus.cgiへのアクセスで表示されますが、
フレームタイプのSKINの場合、違うところにアクセスしないとダメな場合があります。
その場合は同梱しているREADMEに書いてあります。